ホーム リフォーム 女性ディーラーワイルドジャングルカジノ

ブラックジャックの遊び方とルールを紹介

女性ディーラーワイルドジャングルカジノ 134602

非常に単純な分かりやすい遊びで、最近流行ってきました。 簡単にルールを説明しますね。 バカラはディーラーやプレイヤー同士で勝負するものではありません。 ディーラーが2箇所に配るカードのうち、どちらが勝つかを当てるゲームです。 単純でしょう! 「丁」か「半」を当てるようなものです。 また、引き分けに賭ける事もできます。 2箇所に配られたカードのそれぞれの合計の下1桁が9に近い方が勝ちとなります。 それぞれのカードの点数とスコアは下記のようになります。 ・Ace(1点) ・2~9(そのままの数字が点数) ・10、J、Q、K(0点) ディーラーが配る2箇所はそれぞれ「 PLAYER 」、「 BANKER 」といいます。 最初にPLAYER、BANKERともに2枚のカードが配られます。 この時点でどちらか片側に ナチュラル(8か9) ができていればゲームは終了となり、9に近い方が勝ちとなります。 同じ数字の場合は引き分けになります。 どちらにもナチュラル(8か9)ができてない場合、PLAYERの手が、6か7の場合は、 スタンド(次のカードを引かない) します。 0~5の場合は3枚目のカードを引きます。 BANKERはPLEYERが6か7でスタンドした場合は、手持ちが0~5の場合は必ず3枚目のカードを引かなければならず、6,7の時はスタンドしなければいけません。 PLAYERが3枚目のカードを引いた場合は、BANKERは7のスコアでスタンドします。 BANKERのスコアが6以下の場合は、カードを引くかスタンドするかは、PLAYERの3枚目のカードを見て判断します。 こんな感じです。わかりやすいですね。 下図のバカラは、女性がリアルに登場するタイプです。 このバカラは、女性がライブ映像で出てきます。 実際は女性が3人いて、 プレイヤーとバンカーが画面には出ません。 このゲームのルールは同じです。 そして、違うところは、お金を賭けれるところです。 これは、現実には海外で実施されているので、日本の法律は無関係です。 オンラインで日本から参加できるのです。 1996年からイギリスで始まったオンラインカジノといいます。 欧州の確実な監視があり、不正は絶対ありません。 現実、日本のように、甘くない監視です。 ですので、安心して、お金を入金してプレイできます。

2018 資産倍増のチャンス!

K 様  Epic Ape で大勝利 賞金 4,。 N 様  Buffalo Blitz で大勝利 賞金 5,。

本当にカジノに居る気持ちになれるライブカジノもある。

上の写真はプレイテック系オンラインカジノの入場画面を彩る美女ディーラーです。 ライブカジノは24時間営業ですので多くの女性ディーラーがローテーションしながら登場してきます。ライブカジノのエントランスに写るのはやはり美女という選択基準があるのでしょうか・・? 残念ながら有料アカウントが無いとライブディーラーにアクセスすることはできません。 ちなみに、プレイテックのヨーロッパライブスタジオは、バルト3国の真ん中、ラトビア共和国リガ市です。また、フィリピンにもスタジオがあり、両方の美女ディーラーと対戦できます。 プレイテック系オンラインカジノのライブディーラーを覗けば、どこのカジノでもディーラーは同じです。 スタジオ運営はプレイテックが行って各カジノからプレイテックのライブカジノスタジオへアクセスされるからです。 これはコンピュータ対戦でも同様でどこのプレイテック系のオンラインカジノでもカジノゲームはプレイテックのサーバーで運用されています。ゆえに個々のカジノでゲームを操作することはできません。 しかしながらコンピュータ対戦は「あやしい」と考える方にお勧めなのがライブゲームなのです。生中継でカジノゲームが運営されますのでマカオなどのランドカジノと同じということになります。 プレイテック系では、バカラ、ルーレット、ブラックジャック、シックボー、カジノホールデム(ポーカー)の5種類のライブディーラーをプレイすることができます。 他のカジノではブラックジャック、バカラ、ルーレットの3種が多いのでプレイテックがこの分野では突出しており、プレーヤーの数もダントツです。 ゲームテーブルは日本語対応になっていますが、残念ながら日本語でプレイすることはできません。すべてのディーラーは英語になりますがランドカジノと同じなので問題ないと思います。 人気はやはりカジノの王様「バカラ」でしょうか。バカラは4種類のゲームが選択できます。特にお勧めなのが「ミニバカラ」です。出目表の他にバンカーとプレーヤーに賭けられた金額が表示されますので「他人の読み」に乗ることもできます。 ライブ化のため特殊ルールを採用している「アンリミテッドブラックジャック」以外のプレイテックライブカジノは一般的なカジノゲームルールでプレイします。これはコンピューター対戦がライブに変わっただけです。 ルーレットは、「0」が1つのヨーロピアンスタイル、バカラはカードオープンでバカラルールに従って自動でカードを引きます。 ブラックジャックはディーラーがライブなだけでコンピュータ対戦と差がありません。 しかしながらコンピューターはいまいち信じられない方、少しでもランドカジノの雰囲気を味わいながらプレイしたい方にお勧めなのがライブディーラーです。 一番ランドカジノに近いのがライブブラックジャックです。7人限定なので他者のプレイを見ながらプレイすることができます。 ただテーブル数が限定されてしまいプレイできない方が多かったため、人数制限のない「アンリミテッドブラックジャック」が開発されたようです。

ブラックジャック(BlackJack)

カードの合計の21が最強ですが、特に最上に優るものとして『 ブラックジャック 』というものがあり、必勝となります。これは、 2枚のカードで「エース」と「絵札または10のカード」の場合のみ 起きる組み合わせです。 ブラックジャックは、「プレイヤー 対 ディーラー」で純粋に勝負を楽しむゲームです。対戦形式は、「1 対 1」やプレイヤーが複数いて「複数 対 1」の場合もあります。 いずれもルールに相違なく、ディーラーに勝つと配当も同じ額で得られます。 最初の2枚のカードが 両方とも同じ数のカード だった場合、それぞれをテーブル分けで独立させていく機能。その際、トータルの賭け金が通常の倍になります 賭け金が2ドルなら、倍の4ドルとなり、一つのテーブルにつき2ドルをベットする形となる 各テーブル共に勝てば、通常の配当のさらに倍を獲得できます。 最初の2枚のカードより次をヒットしたら「必ず勝てる!」と確信したときに活用できる機能です。但し、ダブルダウンを使用すれば ヒット作業は一回のみです。 賭け金も倍に追加され、見事勝てば、通常の配当のさらに倍を獲得できます。 勝負を放棄させたいとき に活用できる機能です。サレンダーを利用した時点でその勝負は終了し、賭け金も 半額だけ還元 となります。ディーラーのカードが優位に立っている場合やプレイヤーのカードが不利な状況で勝てる要素が無い場合などに便利な機能です。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*