ホーム ゲーム ゲーミングクラブクルーズ船カジノ

リゾカジ カジノレポート

ゲーミングクラブクルーズ船カジノ 261517

最低限の準備は、どのゲームをするか決められる程度のゲームの知識でしょう。 カジノには、スロットマシンのようなゲーム機相手のものと、ディーラー相手のブラックジャックやバカラ、お客同士が対戦するテキサスホールデム(ポーカーの一種)等、様々なタイプのゲームがあります。主要なゲームについて多少でも知っておくと、船上で迷って貴重な時間を無駄にすることを避けられます。 バカラ、ブラックジャック、ルーレットは、どのカジノにもあるポピュラーなテーブルゲームです。最低限、このいずれかのルールをネット等で下調べしておくことをオススメします。 ちなみに、初心者の方は、敷居の低さでスロットマシンを選んでしまう人が多い気がします。ディーラー相手は気が引けるという人が多いでしょう。しかし、カジノの醍醐味は、ディーラーとのやり取りだと思います。個人的には、ブラックジャックやルーレットをオススメします。逆に、お客同士の心理戦でルールが複雑なテキサスホールデムは、初心者は避けた方が良いでしょう。 船によっては、カジノで初心者向けの無料レッスンが開かれることがあるので、乗船したら船内新聞をチェックすることもお忘れなく。他のお客がプレイしていると、なかなかゲームを止めて質問するのは難しいかもしれませんが、ディーラーは初心者に親切ですから、質問すれば色々と教えてくれます。不安ならスマホ等の無料ゲームアプリで遊んでおくと、基本的なルールは理解できるでしょう。

Site Navigation

カジノやバー、パーティーなど華やかなナイトライフやエンターテイメントは、外国客船プリンセス・クルーズならではのハイライト。 日常とは違った豪華客船でのスペシャルな時間をお楽しみください。

豪華客船といえばやはりカジノ!

resocasi さんのツイート。 コメント( 0)。 ZAAMDAMというHOLLAND AMERICA社のトンの船です。チェックインも問題なく乗船できました。 部屋はUp Gradeしてベランダつきのミニスイーツです。荷解きを終え、定められた避難訓練をこなすと、よりPoker Cruise主催のWelcome Party 兼説明会が開催されました。ここで、うれしいニュースをききました。スポンサーからあらたな賞金が出て、人中位まで入ると賞金が出るというものです。ここで、ちょっと戦略を変えようときめました。当初は賞金は18位までだと思っていたので、前半に一か八かをやろうと思っていたのですが、通常通りロックで行くことにしました。 Party終了後、メインレストランで一回目の夕食です。ドレスコードがカジュアルなのでそのままいきました。アメリカの食事としては充分満足のいけるものでした。隣のテーブルをみると、なんと世界チャンピオンのスコッティー ニューオンがいるではありませんか。そして、周りを注意深く見ると、マン ニューオンやクリス ファーガソンもいます。そして、私の本の先生であるTJもいました。世界的大会なんだなと実感しました。 食事後ラウンジで飲んだ後、22時ころ大会のシーティングにいきました。今回の大会は一回戦を二つのグループにわけ、おのおの8ラウンドを戦い、三日目に残ったもの 90名位 で18位まできめ、四日目に決勝6位まできめて、五日目に決勝を行うというものです。当初は18位までインザマネーでした。 乗船二日目は船長主催のPartyなどがあるのでせわしく、2nd Seatingになることを祈っていたのですが、残念ながら1st Seatingの6番Table、Seat9を引き当てました。明日に備えて早く寝なければと思っていたのですが、興奮していたらしく 眠れません。結局、TOCのDVDを再度みて、二時ころ床につきました。

日本近海周遊で楽しめる客船カジノクルーズ(後編)

外国船に乗ってカジノをしてみよう 豪華客船といえばカジノがつきものですよね。夜な夜な富豪たちが何百万も賭けているイメージがありますが、本物のカジノはもっとカジュアルです。大型の豪華客船にはほぼすべての船にといっていいほど、カジノが設置されています。実は日本船にも設置されており、プレイもできるのですが、勝っても現金や景品に交換することができません。 その点外国船ならカジノがオープンしている時はプレイも交換もできます。ただし、外国船であっても日本の領海を離れてからのオープンとなります。 日本で出来ない理由 日本船ではカジノができても現金や景品に交換することができません。また、日本国内でもカジノは違法となっています。これは何故でしょうか?カジノの禁止は日本の刑法に定められているもので、その主な理由が「働く意欲がなくなる」「治安悪化」というものです。 それでは、日本でポピュラーなパチンコや宝くじはどうなのかと言われると 「特別法」という法律のもとに実施されており、収益の一部を国民の福祉に寄付させて公共性を持たせています。パチンコなどは遊技機という建前なので、パチンコ店と客が直接に現金交換のやりとりはできず、パチンコ店の横などにある景品交換所を通じてワンクッションおいているのはそのためなのですね。 しかし現在のところ、カジノがない先進国は日本だけとなっています。東京でオリンピックの行われる年を目前に、どういった変化が見られるかも楽しみですね。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*