ホーム リーグ ライセンスマリーナベイサンズカジノ

シンガポールのカジノは、なぜ成功したのか

ライセンスマリーナベイサンズカジノ 567616

政府は、年にMarina Bay Sands(Las Vegas Sands社)、Resorts World at Sentosa(Genting Singapore社)を選定。 政府は、両社に年年初を起点に30年間のコンセッション、年までの独占営業権を与えた。

Navigation

ランキング 週刊東洋経済プラス 四季報オンライン ストア セミナー。

トランプ大統領はサンズ好き?

メイバンクのアナリスト、サミュエル・イン・シャオ・ヤン氏によると、ラスベガス・サンズが所有・運営するシンガポールのカジノ、マリーナベイ・サンズ MBS によるマネーロンダリング防止法への違反の可能性に関する捜査によって、国内のライバルであるリゾートワールド・セントーサ RWS がかなりのVIPシェアを奪う可能性が出てきた。 ベン・ブラシュクは以前オーストラリアのシドニーでスポーツジャーナリストをしており、年初頭からはInside Asian Gamingで編集長を務めている。IAGの全ての記事への重要な貢献者であるだけでなく、年4月のIAG Breakfast Briefingの展開・立ち上げ、そして監督においてリーダー的役割を務めた。 購読 雑誌 IAGとは お問い合わせ 広告。 中文 English。

ライセンスマリーナベイサンズカジノ 339381

みんなが見ている人気記事

数年以内に日本でIRカジノを開設できるライセンスが必ず3つ発行される。その少ない枠を巡って沢山の世界的なカジノ企業が、各地域との連携を深めて、しのぎを削っているのだが、その中でも、シンガポールの「マリーナ・ベイ・サンズ」でも有名なラスベガス・サンズ・コーポレーションが、ポールポジションに立っているという報道が流れた。 その理由として上げられているのが、アメリカ大統領であるドナルド・トランプ氏が、日本の総理大臣である安倍晋三氏に「サンズを強く検討する」様に求めたという物。 日本政府はこの報道内容を否定したが、真実はどうなのでしょうか。 ワールドカジノナビ 日本のカジノ事情 日本のカジノライセンスでトランプ大統領が口利き?!ラスベガス・サンズがポールポジションか。 関連する記事 登録だけで貰えるボーナスがいっぱい。GPWA認定の日本最大級のオンラインカジノ情報メディア 最新ニュース・トーナメント情報・人気ランキングなど、業界の旬なトピックが満載。ゲームレビューや動画・・・ Sponsored。 大阪にカジノを作りたい企業が多すぎる。夢洲へのIR営業希望カジノが7事業者もいる。 世界一の賭博大国になる可能性がある魅力的な土地として、世界中のカジノ企業が注目している、日本でのカジノ営業。… ゴルゴ48。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*