ホーム リーグ 入場制限カンボジアカジノ

カンボジアカジノの遊び方や服装等の特徴やホテルも徹底解説

入場制限カンボジアカジノ 28766

プノンペン エンターテインメント・遊ぶ プノンペン カジノ カンボジア エンターテインメント・遊ぶ カンボジア カジノ。

統合型リゾート(IR、Integrated Resort)

カンボジアのカジノ市場は約20億米ドル。カンボジアにはほどのカジノ施設がある。首都プノンペン・エリアの独占権を持つのNaga World Complexが最大。その他、シアヌークビル、および、ベトナム国境(バベット)、タイ国境(ポイペト)に施設が集積する。 アジア太平洋地区において、営業停止中の施設は、韓国のカンウォンランド(唯一の自国民の入場可能な施設)および外国人専用施設、カンボジア、ベトナム、フィリピン・マニラ首都圏、マレーシアのResorts World Genting(唯一のカジノ施設)、オーストラリア・ニュージーランド全施設など。 Naga2は、年11月開業(10月30日にソフトオープン)。Naga2は、年9月にはホテルの平均稼働率が85%に達し、ゲーミングエリア、ノンゲーミングエリアともほぼフルキャパシティ。 中国からのインバウンド観光客が急増を背景に、同社はNaga3の開発を決定。 開発計画 ・カンボジア・プノンペン Naga 3 — 土地面積54ha, 開発費は最大35億ドル — 年までの完成を目指す — 今後、土地のパイリング作業を開始。ヵ月 — 設計事務所は、Steelman Partners(米国ラスベガス)に加え、SOM(米国シカゴ)を起用 ・ロシア・ウラジオストク — 投資額3。 市場ステイタス ・カンボジアの首都プノンペン唯一のカジノを含む統合型リゾート(IR) ・カジノライセンス期間は70年間(年まで) ・プノンペンから半径Km圏内(ベトナム国境エリア, Bokor, Kirirom山脈, Sihanoukvilleを除く)におけるカジノ独占権を年まで保持 ・Naga 3の完成時には、全体で、ホテル5,室, ゲーミングテーブル1,台, EGM 4,台に。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

プノンペンのカジノについて気になる方も多いのではないでしょうか。プノンペンには「ナガワールド(Naga World)」という有名で大規模なカジノがあります。年初旬、前年における「ナガワールド」のVIP顧客による賭け金総額がカンボジアのGDPを超えたというニュースが在住者の間で駆け巡り、衝撃を与えました。 服装について気になる方もいるかもしれません。「ドレスコードがあるの? 」「カジュアルな格好で行ったら浮く? 」という不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか。心配は無用です。「ナガワールド」では服装に関する規則は特になく、半袖短パンの人、サンダルの人、スーツの人、ドレスコードの人、はたまたパジャマのような格好の人など、様々です。ご自身のいつもの服装で行って問題ありません。 ホーム 生活情報 夜遊び プノンペンのカジノ「ナガワールド」を解説! ホテル内の施設まで。 あなたにおすすめの記事 もっと見る。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*