ホーム リーグ 日本のカジノ法案人気ゲーム

NEWS WATCHER

日本のカジノ法案人気ゲーム 202007

日本でカジノ法案が成立しましたが、顧客同士がお金を賭けて行う ポーカーは賭博罪にあたるとして禁止 されています。しかし人気カードゲームの一つで、度々合法化が提案された結果許諾される可能性が出てきました。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

画像素材:PIXTA 今年9月、横浜で「ギャンブル依存症が増える」「治安が悪化する」といった理由から、カジノ誘致を反対する声が上がった。確かにカジノといえば危ない印象がつきまとう。でも、世界のカジノをよく知る人からはそのイメージを残念がる声も。世界ではどんな場所だと思われているの? 日本では知られざるカジノの魅力を、カジノディーラー育成学校「日本カジノ学院」に聞いた。 本来は健康的な場所? ゴージャスなオトナの遊び場。

おすすめカジノ・ギャンブルアプリ3選

カジノは、お金を賭けてルーレットやトランプといったゲームを楽しむ場所。米国のラスベガスが有名で、アジアではシンガポールやマカオなどにある。  政府が進めるIRは、カジノのほかに国際会議場やホテル、劇場などを集めた巨大な施設のこと。IRに限ってカジノをつくることを認め、その利益で会議場など施設全体の運営費をまかなう仕組みを想定する。  昨年の訪日外国人(インバウンド)は万人。政府は年に6千万人まで増やす目標を掲げている。IRを20年の東京オリンピック(五輪)・パラリンピックが終わった後の「観光の目玉」としたい考えだ。 安 あ 倍 べ 晋 しん 三 ぞう 首相は「地域振興、雇用創出といった大きな効果が見込まれ、我が国を観光先進国に引き上げる原動力である」と語っている。  また、カジノの収益の3割を、国や地方自治体に納めるルールも盛り込まれている。そのため、地元への経済効果に加え、高齢化や人口減少に苦しむ地方にとって新たな収入源として期待も大きい。  IRをどこにつくるかは、法案が成立してから国土交通大臣が決める。リゾート地が多い北海道、国際会議に積極的な大阪府、「ハウステンボス」との相乗効果をねらう長崎県などで誘致する動きがある。 一方で、法案には多くの問題点が指摘されている。  日本の刑法には「 賭 と 博 ばく 罪」がある。ギャンブルをする場所をつくることも、客として金を賭けて遊ぶことも本来は違法行為として禁止だ。最高裁判決では、楽をして大金を手にしたいという気持ちになると、働く意欲がなくなり、経済に大きな悪影響が出るため、とされている。  日本にはすでに競馬や宝くじなどのギャンブルがあるが、公的機関が運営する例外として、条件を課したうえで認められてきた。  しかし今回の法案は、民間企業が運営するカジノを特例扱いで認めるものだ。企業が利益を大きくするために、利用者に身の 丈 たけ にあわない額を賭けさせようと誘い込むことを心配する声も上がっている。  厚生労働省の推計では、生涯で一度でもギャンブルをやめられなくなってしまう「依存症」だった疑いのある人は3。 カジノディーラー養成学校で、ルーレットの技を披露する卒業生ら=年4月、大阪市中央区 C 朝日新聞社。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*