ホーム リーグ 実践スイスのカジノ

スイスのカジノ事情とおすすめカジノ施設9選

実践スイスのカジノ 282355

スイスの観光地としても有名なルツェルン州には大きなカジノ施設がある のをご存じでしょうか?もちろんスイスにはこの他にもたくさんのカジノが用意されており、観光や食事など優雅な時間を楽しみながらカジノプレイができます。

スイス・カジノ依存症対策 「レスポンシブル・ゲーミング戦略 Grand Casino Luzern」(4)

このカジノでは、フルタイムまたはパートで82名が働いている。職種は、クルピエ(ディーラー)というテーブルゲームのホスト、スロットマシーン案内係、会計係、警備員、監視係、受付、そしてレストランやバーの従業員である。カジノ従業員になるための特別な資格は特にないが、クルピエだけは、ヴァレー州サクソン(Saxon)にあるクルピエ養成学校「Casino Formation」を卒業していなければならない。 chのウェブサイトが生まれ変わりました。スイス公共放送協会(SRG SSR)のグループ会社として、10カ国語でニュースを配信する私たちswissinfo。 案内されている間、ふと上を見ると、万スイスフラン(現在のレートで約1億万円)と数字が電光掲示板で表示されており、その数値は刻々と上がっていた。ティエリーさんの説明によると、これは「ミステリー・ジャックポット(Mystery Jackpot)」と呼ばれ、施設内すべてのゲームで賭けている人を対象に、この金額が思いがけなく賞金として与えられる可能性があるという。私がスロットマシーンで遊んでいたのはほんの10分ほどだが、その間にもミステリー・ジャックポットの賞金は万フラン台に上がっていた。 この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、 community-feedback swissinfo。 ch に連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

TOP COMMUNITY COLUMN WORLD GAME GAME RULE。 北米 アメリカ カナダ 中南米 チリ バハマ アジア 日本 マカオ 韓国 テニアン ベトナム フィリピン ヨーロッパ フランス イギリス オランダ スウェーデン イタリア モナコ オセアニア オーストラリア ニュージーランド アフリカ 南アフリカ ケニア。 隊長「ビールとピザ!」 ぺぃ「すごい、メニューを見てないぞ。」 ぴぃ~「イタリアの国旗イコールピザなんだろ。」 RJ「あとパスタ!」 バルザック「流れるような注文ですね。」 ぴぃ~「注文が得意な人たちだからね。」 ほっさん「Vin rouge! 赤ワイン 」 ぺぃ「ここにもいたよ。」 ぴぃ~「遅れをとってたけどな。」。 ぺぃ「旗が立ってて、踊ってる人たちがいますねー。」 ぴぃ~「フランクフルト売ってるかな?」 RJ「あとヤキソバな!」 バルザック「チョコバナナもあるといいなぁ。」 ほっさん「Vin rouge! 赤ワイン 」 ぺぃ「ワインはいくらでもありますよ。」 ぴぃ~「チーズもな。」 隊長「そんなものよりいいものがありますよ!」。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*