ホーム リーグ カジノリゾート参入方針ゴーストワイルドスロット

パチスロのユニバーサルE、マニラでカジノ建設起工式

カジノリゾート参入方針ゴーストワイルドスロット 557025

日本にもカジノができるという話題で先乗りした企業があります。それが バンダイナムコホールディングス(バンダイナムコ) です。一歩先にカジノ向けゲーミング機器を北米向けにリリースしており、今後も同社のカジノ関連の話題から目が離せません。バンダイナムコのカジノ関連情報に関して、ご紹介いたします。

[okada manila: manila bay resorts] カテゴリの記事

okada manila manila bay resorts 。

マカオカジノはアジアにおける優位性は変わらないのか?

マカオが世界一のカジノ大国となった今、他のアジア地域のカジノ発展も目覚しい。 シンガポール、韓国、フィリピン、そして今後の解禁が期待される台湾や日本などの進行カジノ国が次々と誕生している。 何故、マカオのカジノ市場が今現在世界一の収益を上げているのか。 大きな理由としては、中国の存在だ。現在中国ではカジノは非合法であり、そんな巨大人口を抱える中国大陸と地続きにあり、中でも約1億人の人口を抱える広東省と隣接していることが大きい。 一点だけ不安材料があるとすれば、2020年問題である。 現在マカオを支えている6大カジノ企業のゲーミングライセンスが2020年~2022年にかけて更新時期を迎える。 その際に、マカオ政府がどのような方針を示すかに大きな注目が集まる。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*