ホーム 簡単に 配当倍率江原ランドカジノ

江原ランド[カンウォン・ランド]

配当倍率江原ランドカジノ 290743

新機能の「 ブログリーダー 」を活用して、 スマホでカジノさん の読者になりませんか?

国際 アクセスランキング

日本と韓国の大きな違いにカジノの有無がある。17カ所もある韓国だが、そのほとんどが外国人専用。唯一、韓国人が入れるカジノが平昌、江陵(カンヌン)と同じ江原道(カンウォンド)にあるが、国民の「ギャンブル依存症」が大問題となっている。今回、全財産を失った経験がある韓国人男性を直撃。日本でも国会でカジノ法案の議論が続く中、「1つでもつくったら、終わりの始まりだ」と警鐘を鳴らした。  平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)プラザから直線距離で南へ約50キロに「江原ランドカジノ」がある。廃鉱の街の再興策として2000年にオープン。山奥のため車で江陵から2、3時間、ソウルからは3、4時間かかる。  真っ暗な田舎に突如現れる、膨大なネオン。まだカジノではない。質店、モーテル群だった。さらに山を上ると、王宮のような豪華なネオンが姿を現した。氷点下10度以下の夜の街に人影はなかったが、カジノは人であふれかえっていた。最大7000人収容のところ、4300人以上がばくちにいそしんでいた。  想像した雰囲気ではなかった。目が血走り、服装も乱れがちな人だかりが、ポーカーやバカラのテーブルを囲んで殺気立っている。お世辞にも富裕層には見えなかった。外国人は無料だが、韓国人も入場料9000ウォン(約900円)と安く、気軽に入れる。職員によると99%が韓国人で、全国から集まるという。  実態を探ろうと、麓にある質店に突撃を試みるも、取材拒否。諦めかけたが、同行通訳の知人の紹介を繰り返し、ギャンブル依存症に苦しんだ経験がある男性が、取材に応じてくれることになった。 無職のユン・ヒョクマンさん(58)。家族を抱えソウル近郊で会社員などでまじめに働いていたものの、一獲千金を狙い、10年に江原ランドに足を踏み入れた。最高で500万ウォン(約50万円)勝ち、負けた時は700万ウォン(約70万円)だったが「勝った時が忘れられない典型的な依存症」で、抜けられなくなった。  気付けば1億ウォン(約1000万円)を失っていた。自宅へ帰る金もなく、チルジルバン(サウナ)の床で雑魚寝する生活に落ちていた。同じ境遇の人が大勢いた。数時間仮眠し、シャトルバスでカジノとの往復を繰り返していた。  さらにひどい人も見た。「質店に車を入れ、帰れなくなった人。ホームレスになった人。カジノホテルで首をつった人」。夫を救済しようとした妻まではまった事例もあるといい「ここでは男が工事現場、女は食堂でバイトして夜はカジノに行く」と語った。  質店はボロもうけで「10日間で10%以上の手数料。その間に借りた金を返せなかったら、さらに利息を上げる。手数料込みの金を払えなければ、入れた物は質店のもんさ。それを高値で転売する」。  15年、ユンさんは奥さんから離婚の最後通告を受け首の皮一枚、足を洗った。今はアルバイトでこつこつ働いている。  日本では16年に統合型リゾート(IR)推進法案が成立し、現在国会ではカジノ設置へ向けた実施法の議論中。それを聞くと、身を乗り出して言った。「1度つくったら終わり。麻薬と一緒。日本はつくらない方がいい。せっかくパチンコっていう小さな金で楽しめるもんがあるのに。カジノつくったら、その人たちみんな、そっちに行くよ」。経験者の話はリアルだった。【三須一紀】。 前のページ 1 2 次のページ。

カジノは街を救えたか 年315万人来場 韓国「江原ランド」ルポ

マカオにとり、ゲーミング産業は、この特別行政府の予算の過半を賄う唯一の重要産業になる。 年時点で 人口57万6千人と極めて小さな行政区でしかすぎないが、ゲーミング産業の趨勢がこの特別行政区にとり極めて重要な位置を占めていることになる。このマカオ特別行区政府の規制機関は、特別行政府・財政局(Finance Services Bureau)に、規制当局としての「ゲーミング検査・調整局」(澳門特別行政区政府博彩観察協調局Gaming Inspection and Co-ordination Bureau-DICI-)が設置されている。あくまでもマカオ特別行政区政府の一部局でもあり、独立的な地位を持った機関ということではない。この政府部局が、マカオにおける全ての賭博行為(カジノ並びにパリ・ミュチュエル賭博)の監督・規制・監視・監査・検査業務を一元的に担っている。同局は特別行政府を代表し、規制、監視、認証、許諾、違法行為摘発、行政罰の賦課等、広範囲の権限を保持する。 ゲーミングの施行は、特別行政区が選定された民間事業者に対し、コンセッションを付与するという形式をとり、認められている。コンセッション付与に伴う付帯条件等はコンセッション契約に規定されることになる(欧州ポルトガルの考え方の遺制であろう)。民間事業者はこのコンセッション契約に従い、投資義務を担い、施設を整備し、この施設を一定期間運営して、資金を回収することになる。この関係は、行政契約としてポルトガルの法理が貫徹するようでもあり、米国的なライセンスとは一線を画すと考えることが適切である。

【誘客都市 ~IRが変える大阪~ 第2部(2)】カジノ先行で依存症表面化 韓国・江原ランドの蹉跌(1/3ページ) - 産経ニュース

江原ランド (カンウォンランド、韓国語:강원랜드)は 大韓民国 江原道 旌善郡 に所在する カジノ ・ リゾート 運営企業。旧 炭鉱 跡を開発し カジノ ・ リゾート を経営している [2] [3] 。 韓国で唯一、韓国籍者(自国民)が入場できるカジノがある(当地以外のカジノは全て外国人専用である)。韓国人は、入場時9,ウォンの入場税を支払わなければならない(外国人、在外韓国人は免除)。 ギャンブル依存症 防止の観点から、 住民登録番号 による入場規制が行われており、ひと月に入場できる最大上限日数がある。 炭鉱閉山後の地域雇用維持のためにカジノを受け入れたものの、 質屋 や 風俗店 の乱立、犯罪や自殺などの社会問題も発生している [4] 。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*