ホーム 簡単に 世界一ラスベガスカジノ

【ラスベガスについて】 この街が「世界ナンバー1」を誇っているモノはこんなにある!

世界一ラスベガスカジノ 731347

まずは、現在のラスベガスについて、どんな街なのか、おさらいしておきたいと思います。 ラスベガス(Las Vegas)はアメリカ合衆国の西部にあるネバダ州の南部にある都市。 ネバダの州都はカーソンシティですが、州最大の都市と言えばやはりラスベガスということになるようです。

ラスベガス大全とは?

そんなリッチなカジノオーナーの中でも、ひときわ稼いでらっしゃる 億万長者 、いや、兆万長者の方達と、そのライフスタイルをちょこっと紹介しましょう。 世界で最もリッチなカジノオーナーといえば、シェルドン・アデルソンでしょう。ラスベガス・サンズの創設者兼CEOであるアデルソンは、急成長を続ける彼のビジネスから毎日平均32億の収入を得ており、現在の資産は億ドルと言われています。アデルソンのLas Vegas Sandsグループは、アメリカ中のカジノを合わせた以上の利益をあげています。 アデルソンは「the rich get richer/富はさらなる富を得る」という、古い格言通りの人生を送っています。現在、彼のカジノ資産には、運河やゴンドラを備えたヴェネツィアを再現する有名なカジノ、ヴェネツィアン・カジノ・ラスベガスもあります。それだけではありません。世界最大のカジノであるマカオのヴェネツィアン・マカオ・カジノ・リゾート、シンガポールのマリーナ・ベイ・カジノ、ラスベガスのパラッツォ・カジノ・リゾート、サンズ・エキスポ&コンベンション・センター、ペンシルベニア州ベツレヘムのサンズ・カジノもアデルソンが所有しています。 アデルソンはアメリカからアジアに至るギャンブル帝国を築いた他にも、政治活動家、慈善家としても働き、イスラエルの新聞、Israel Hayomも所有しています。シェルドン・アデルソンの自宅自体、カジノリゾートと見間違えるほどの豪邸で、ラスベガスの大邸宅は44,平方フィートの超巨大な敷地を所有しています。 ボラカイ島にもカジノをオープン する予定でしたが、ボラカイ等へのツーリスト閉め出し問題とアンチカジノなフィリピンの大統領の反対でどうなることやら。 日本にカジノをオープン する機会も狙っています。

【ご報告】所持金ゼロ、カジノも出禁になりました。

その他のおすすめ特集

砂漠の中の 「不夜城」 といわれているラスベガスの歴史はそれほど古くない。  市制こそ 年だが、ネバダ州がギャンブルを合法化したのは 年のことで、当時のラスベガスにはまだ何もなく、今日のようなにぎわいを見せ始めたのはせいぜいここ 50~60年の話だ。 発展のきっかけとなったのはもちろん フーバーダム の建設だが、完成直後の 年代後半においてはまだ特にめざましい発展が見られたわけではなく、ラスベガスは第二次世界大戦が終了するまでは人口2万人にも満たない小さな町にすぎなかった。 (ちなみに 年における周辺都市も含めたラスベガスの都市圏人口は 万人を超えている)。 戦後になっても「フラミンゴ」などが開業したものの、40年代はごく限られた採鉱者や軍関係の兵士、それにダム関連の作業員たちがささやかにギャンブルを楽しむ程度のローカルタウンにすぎず、今日のような国際観光都市になったのは、それよりもかなりあとのことだ。  そうした黎明期を抜け出し、ラスベガスが本格的に開花し始めたのは、デザートイン、サンズ、サハラ、リビエラなどの豪華カジノホテルが次々とオープンした 50年代に入ってからのことで、現在のような形態のラスベガスが形成され始めたのはそのころと考えてよいだろう。 しかしながらショービジネスだけでこの街が発展してきたわけではない。カジノの存在こそが今日の繁栄を支えてきたことは疑う余地のない事実で、その結果、これまではラスベガスといえば 「ギャンブル」 というイメージがあまりにも強く、決して健全なイメージの街ではなかった。

Top stories

会員登録 マイページ メニュー マイページ。 週末を利用して気軽に行ける距離。 日本語が通じるところが多いのも魅力 日本から約2。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*