ホーム 支援 で通貨を変更すカジノを含む統合型リゾート

キーワード「カジノ」の検索結果

で通貨を変更すカジノを含む統合型リゾート 495473

近年、わが国では、観光立国及び地域経済の振興に寄与するとともに、税収により地方公共団体の財政改善に資するとして、いわゆるIR(Integrated Resort)の本格導入へ向けた議論が進められている。このIRとは、カジノ施設、レクリエーション施設、MICE(会議場施設ならびに展示施設等)、エンターテイメント施設、及び宿泊施設等の観光振興に寄与すると認められる施設が一体となっている複合観光施設の総称であり、特に、2020年の東京オリンピック開催の決定を受けて、インバウンドツーリズム(外国人旅行者)の囲い込みによる観光収益向上の機運も高まりつつある中、交通・通信等の各種インフラ整備も含めたカジノを含む統合型リゾート関連事業の推進が期待され、日本国の成長戦略に資する観光産業の一助になるとされている。

IR誘致(カジノを含む統合型リゾート施設)の候補先

法と経済のジャーナルトップ   >   西村あさひのリーガル・アウトルック。 高木 智宏 (たかぎ・ともひろ)  年、東京大学法学部第一類卒業。年、ノースウェスタン大学ロースクール卒業 LL。

誘致レース(953)和歌山県=県RFP申請2者を資格審査通過~SuncityClairvestの二択

豊富な資源を持っている北海道では、苫小牧がIR誘致の候補地として挙がっています。広大な土地や資源はIR開発には必要不可欠。地域の特性を活かして、自然共生型を コンセプト にIRを展開予定です。 幕張新都心における統合型リゾート IR の民間事業者からの提案と本市の考え方|千葉市。 IR情報|愛知県 IR情報(市政情報)|名古屋市。

IR誘致(カジノを含む統合型リゾート施設)とは?

和歌山県IR誘致のポイント:大阪IRとの共存とシナジー創出 ・政府IR推進本部事務局は、年12月18日から年1月18日、全国9ブロックで「特定複合観光施設区域整備法に係わる説明会」を実施。そこで、以下の答弁があった 「(会場質問)IR整備区域(都道府県等)の選定基準に、地理的な偏りは考慮されるのか?」 「 (政府答弁)地理的な偏りが生じないよう配慮する基準はない。国は、最大3つのIRを活用し、日本を国際観光先進国に引き上げることを政策目標とする。その公共政策の目的に最も合致するIR整備区域を選ぶ 」 ・関西では、大阪府市と和歌山県がIR誘致作業を推進中。政府方針は、双方が選定されるシナリオを描く和歌山県にとって追い風となろう ・和歌山県の考え方 「関西圏の後背人口や関西国際空港からのインバウンドを考えた場合、大阪と和歌山にそれぞれIRができれば相乗効果を生み、2つのIRが2つ以上の経済効果を生む」。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*